脂肪とたるみをなくして小顔にする整形について

顔が大きく見えるのは頬の脂肪などの影響が大きいです。
そのため、大きさの影響が大きい脂肪を減らしていくことで顔の見た目を小さくし小顔にすることができます。



例えば脂肪を薬などを注入して溶かす方法があり、これは身体への負担が比較的小さくなっています。

次にたるみを解消することで、小顔にする方法もあります。



顔がたるんでいると、より大きく見えてしまいます。

このようなたるみは余っている皮膚を細い糸などで持ち上げる方法や皮膚を除去する方法があります。

こちらも身体への負担は少ないです。



この他、部位によっては筋肉の影響で大きく見えることがあるため、筋肉を取り除いたり細くする方法もあります。


具体的にはあごや頬の筋肉が発達しすぎることで顔が大きく見えてしまうため、スリムにすることで小顔にしていきます。骨を薄くしたり小さくすることも小顔の整形で行われています。



どれも顔を小さくするという同じ目的がある治療ですが、それぞれに方法は異なります。

これは何が原因で顔が大きく見えているのがによって手術の内容は変わるためです。



どの方法がいいかは、自分だけでは判断することができない場合も多いので医師に最初は相談をするのがよいです。

治療法法によっては身体への影響も大きくなるので、慎重に決めましょう。整形についてどのくらい実績を持っているのか、病院にはどんな設備があるのかホームページなどを調べて確認してからカウンセリングを受けましょう。



関連リンク

小顔にするのは骨からが最適

人間の骨格というものは、結局のところこれがどうなっているかということが外見上の非常に大きな要素になっています。小顔にする場合も同じく頭蓋骨が原因となって顔の大きさに影響を与えているのですから、顔面の大きさに関しては小顔にできるかどうかはすべてこの骨格をどうするかにかかっています。...

more

脂肪とたるみをなくして小顔にする整形について

顔が大きく見えるのは頬の脂肪などの影響が大きいです。そのため、大きさの影響が大きい脂肪を減らしていくことで顔の見た目を小さくし小顔にすることができます。...

more
top